企業は資金繰りが命

大切な現金を車に替えないで下さい!!

以下、現金で車を購入した場合とレンタカーの場合の貸借対照表の比較です。

安全性分析の指標が改善されます。


・現金で300万円のプリウスを2台購入した場合

★安全性分析の指標

・流動比率 流動資産÷流動負債=466%

・当座比率(現預金+売掛金)÷流動負債=466%

・固定長期適合率 固定資産÷(固定負債+自己資本)=59%

・固定比率 固定資産÷自己資本=76%


・月5万円でプリウスを2台レンタルした場合

★安全性分析の指標

流動比率 =860%(改善⤴)

・当座比率 =860%(改善⤴)

・固定長期適合率 =15%(改善)低い方が良い指標です。

・固定比率 19%(改善)低い方が良い指標です。



レンタカーにすることで手許に多くの現金が残り資金繰りに余裕が出来ます。また、新たなビジネスへの投資を行う場合でも安全性分析の指標が高いため、銀行融資の審査も有利です。


小っさい資金で大きな利益を

リースに比べて大幅に財務が改善されます!!

以下、リースで車を購入した場合とレンタカーの場合の貸借対照表の比較です。

収益性分析及び安全性分析の指標が改善されます。


・300万円の車を2台リースした場合   

★収益性分析の指標

・総資産利益率 当期純利益÷総資産=1.9%

・総資産回転率 売上高÷総資産=9.6%

 ※売上高200万円想定

 

★安全性分析の指標

・流動比率 流動資産÷流動負債=173%

・当座比率(現預金+売掛金)÷流動負債=173%

・自己資本比率 自己資本÷総資本=50%

・固定長期適合率 固定資産÷(固定負債+自己資本)59%

・固定比率 固定資産÷自己資本=76%


・月5万円で2台レンタカーにした場合

★収益性分析の指標

・総資産利益率 =2.7%(改善⤴)

・総資産回転率 =13.4%(改善⤴)

 

 

★安全性分析の指標

・流動比率 =860%(改善⤴)

・当座比率 =860%(改善⤴)

・自己資本比率 =70%(改善⤴)

・固定長期適合率 =15%(改善)低い方が良い指標です。

・固定比率 19%(改善)低い方が良い指標です。



※リース利息は含めておりません。また説明上リース債務は全額流動負債としております。

リースにより総資産が大きくなってしまい自己資本比率が低下しリスクが大きくなります。レンタカーにすることで小さい資金で同じ効果が得られるため、小さな資金で大きな利益が可能となります。300万円未満のリース取引(契約)については重要性の原則の観点からオフバランス(貸借対照表に載せない)方法が簡便法として認められていることもあり、企業のリース取引が盛んに行われておりますが、正しく実態を表すとこのようになります。リース取引は実質、ローンでの車を購入した場合と財務上の実態は変わりはありません。リース取引はあくまでも債務です。銀行融資の審査の際には債務として認識されます。


損益計算書(P/L)のメリットはこちら