毎月のコストが安くなります!!


車両所有の月あたりコスト約62,000円(減価償却費含む)

車両代 3,000,000円

車検代 200,000円(2回分)

オイル交換 60,000円(12回分)

任意保険 720,000円(6年分)

自動車税 162,000円(6年分)

タイヤ交換 200,000円(4回分)

修繕・消耗品等 100,000円(概算)

総額 4,442,000円

※月あたりコストは総額4,442,000÷6年(税務上耐用年数)÷12ヵ月にて試算


トヨタ プリウス  保険料込 59,800円(税抜)/1ヵ月

レンタカーだと車検、税金、任意保険オイル交換、タイヤ交換などがのコストがなく月59,800円以外はかかりません。また必要の無い月は返却してコストを抑えて下さい。必要な時に必要な分だけキャッシュアウトし大切な現金は手許に置いていて下さい。


レンタカーで損益分岐点が変わります!!

損益分岐点の一番の敵は固定費です!

損益分岐点は固定費÷粗利率=損益分岐点売上高」です。

裏を返せば固定費が0円であれば損益分岐点売上高は0円です。

例:粗利益率30%の企業の場合

使わない月はレンタカーを返却して下さい!!

使わないときはレンタカーを返却してコストを抑えて下さい。機会損失を生むのはもったいないです!車両コストを固定費から変動に替えることで損益分岐点売上高は下がります!!